バナー:加工技術
トップ研究開発加工技術会社案内製品紹介採用情報サイトマップお問い合わせリンク集
リンクボタン:トップページ
リンクボタン:研究開発
リンクボタン:開発ステップ
リンクボタン:品質マネジメント
リンクボタン:加工技術
リンクボタン:一貫生産ライン
リンクボタン:溶接技術
リンクボタン:塗装技術
リンクボタン:主要設備紹介
リンクボタン:製品紹介
リンクボタン:自動車用タンク
リンクボタン:建機用タンク
リンクボタン:自動車用部品
リンクボタン:建機用部品
リンクボタン:製品ラインナップ
リンクボタン:会社案内
リンクボタン:会社概要
リンクボタン:沿革
リンクボタン:アクセス
リンクボタン:採用情報
リンクボタン:職種紹介
リンクボタン:募集要項
トップ加工技術>溶接技術
タイトル画像:溶接技術

「溶接」は、単に「くっつけばOK」というものではありません。その良し悪しは、製品の性能に直接かかわります。例えば燃料タンク。充填される軽油等により、内部には非常に高い圧力がかかります。それを鋼板が外側から支えるわけですが、もし接合部が脆弱だと、圧力が一部分に集中し、一気に破損してしまいます。高い内圧を支えるとともに、圧力が全体に分散するよう、均質に接合することが求められるのです。
加えて、接合するパーツの形状や状態、接合の目的、また製品になった時に置かれる環境等はさまざまです。「溶接」は、そうした多様なケース、パターンに対応しなければなりません。その意味で「溶接」は金属加工の“要”であり、金属加工メーカーとしての力量が、如実に反映される場であると言えます。
SUEYOSHIでは、あらゆる状況・状態に対応するため、さまざまなタイプの「ロボット溶接機」を導入。どんな形状のパーツも、正確なポジションに、十分な強度で溶接できる技術力を有しています。

ロボット溶接機
ロボットを駆使したスポット溶接ライン
写真:ロボット溶接機 写真:ロボットを駆使したスポット溶接ライン
ここに紹介したのは、薄板(1.6mm)のCO2(炭酸ガス)溶接を行うロボット溶接機です。溶接先端だけでなく、接合対象本体も回転させることによって、どのような部位でも溶接することが可能になっています。燃料タンクや建機用作動油タンクの製造などで使用されています。
「スポット溶接」とは、2枚の薄板を電極で挟んで1点集中的に大電流を流し、溶融圧着する方法です。ここに紹介したのは、複雑な形状のパーツや、さまざまなパターンに対応できるように整備された、スポット溶接機のラインです。自動車の「騒音カバー」の製造などに使われています。


ボタン:ページの先頭に戻る
本サイト内の画像、情報の無断使用・複写を禁止します。 (C)Sueyoshi Kogyo Co.,Ltd, 2006